冬でも乾燥知らずの潤い肌をキープしたい

冬のお肌は乾燥対策が大切

 冬にかけて、気温・湿度共に低下して、一気にお肌が乾燥しやすくなります。冬のスキンケアで一番大切なのが乾燥対策。この時期は日頃のお手入れを怠って「粉吹き肌」にならないように、しっかり保湿して乾燥対策を行うことが大切ですね。お洋服の衣替えをするように、日頃使用している化粧品も保湿力の高い冬用の製品に切り替えていくことが大切です。今回は、冬でもしっとりツヤ肌をキープするための乾燥肌対策についてご紹介致します。

冬のお肌は油分も水分も不足

 お肌の乾燥には保湿が必須です。年齢と共にお肌の水分量だけでなく油分量も低下していくので、特に40代からは、水分と油分の両方を補う必要があります。冬になると、空気が乾燥して湿度が低く、皮脂量も低下します。また、気温が低下することで汗をかく機会も減るのでますます乾燥する傾向にあります。汗と皮脂はお肌の乾燥と密接な関係があります。
皮膚は汗腺から出る汗(水分)と皮脂腺から出る皮脂(油分)で皮脂膜と言われるお肌を乾燥から守る膜が形成されます。皮脂膜は保護膜とも言われ、お肌を外的から保護して、肌内部の水分蒸発を防ぎ、お肌を乾燥から守ってくれる働きがあります。加齢とともに水分量・皮脂量が低下したり、お手入れ不足・化粧品の選択の間違い等が原因で皮脂膜がきちんと形成されないことが、乾燥する原因に繋がります。
特に冬場は、湿度が下がることで皮脂量が低下し、夏に比べて冬の方が皮脂の分泌量は格段に低下するので、油分を補うことが必要になります。冬場の皮脂量は夏場の皮脂量に比べると約半分程度になります。夏は皮脂量が多くてテカり対策が大切ですが、冬場は逆に油分を足すことが必要になりますね。更に前述したように、加齢とともに皮脂の分泌量が減少するので、潤い肌を保つには年齢に合わせたケアが大切になります。
また、気温の低下で汗をかく機会が減少して、水分量が低下してしまいます。冬場は半身浴や運動をするように心がけ、発汗する機会を増やすことが必要になります。半身浴や岩盤浴をした後に、お肌がしっとりとしますよね。汗でお肌の水分量が増加する為です。汗には感知性の発汗と不感知性の発汗の2種類があります。感知性の発汗は、汗をかくのを実感できる状態の通常の汗。不感知性の発汗は、汗として自分で感じることはないけれど、体温の上昇等で、水蒸気のように皮膚(表皮)から蒸発して、お肌を常にしっとりさせる発汗になります。運動する時や入浴時に汗をかく前からお肌がしっとり感じることってありますよね?その時に不感知性の発汗を実感できますね。
また、汗にごく微量に含まれる尿酸や乳酸には、お肌を保湿する役割があるため、お肌がしっとりします。尿酸や乳酸は化粧品やハンドクリーム等にも保湿剤としてよく使われている成分です。

洗顔後に乾燥するのは何故?

 皮脂膜は保護膜とも言われ、お肌を外的から保護したり、肌内部の水分蒸発を防ぐ働きがあります。しかし、加齢と共に水分量・皮脂量が低下して機能が低下してしまいます。化粧品は、不足した水分や油分を補うために使用します。
洗顔をしてそのまま放置していると乾燥しますよね?これはいつからでしょう?学生時代は洗顔後乾燥することは無かったと思います。洗顔をすることによって、皮脂膜を取り除くことになるので、乾燥するのが原因です。若い皮膚は洗顔しても直ぐに皮脂が出るので、皮脂膜の形成能力が高く、洗顔後も乾燥しにくいのですが、大人になると、その機能も衰えてくるので、洗顔をしたらすぐに化粧水とクリームを使用して皮脂膜を形成することが大切です。
「じゃあ、洗顔しなければ大丈夫??」という訳にはいきません。メイクをしていないからとか、乾燥するのが嫌だからという理由で洗顔を怠ってしまうと大きな問題が!!皮脂膜は皮脂で形成されるため、酸化しやすいという特徴があります。酸化した皮脂がお肌に残った状態ではクリーンなお肌をキープできませんね。汚れたお肌で過ごすようなものです。不要なものは取り除いた上でしっかり保湿対策を行ってください。クリーム類には、皮脂膜を形成する働きのものが多くあるので、冬の乾燥肌にはしっかりクリームで不足している油分を補うことが大事ですね。

スキンケアの見直しを!!

保湿する女性
 

 

 

冬場のお肌の乾燥を防ぐためには、化粧品の見直しも大切です。今現在使用しているもので保湿が足りないようなら、クリームを変えてみましょう。また、乾燥するからといって一度に多くのクリームをたっぷりつければ大丈夫!!という訳ではありません。一度にお肌(表皮)が吸収出来る量はだいたい決まっているので、量を増やすのではなく、回数を増やしましょう。入浴後にスキンケアをして就寝前に乾燥しているようなら、もう一度クリームを適量のばしてみましょう。一度にタップリ使用するより、2回に分けて適量を使用する方が効果的です。
また、クレンジングの見直しも!!冬場に洗顔後に乾燥するのが気になるかたは、クレンジングは洗浄力の高いオイルやジェルを避けてミルクやクリームに変えましょう。
ファンデーションも夏用の皮脂分泌抑制やテカリ防止効果のあるものをそのまま使っていると「粉吹きお肌」になってしまう恐れがあるので、冬用の保湿力が高いものに切り替えるだけで、「粉吹き肌」が解消された方もいらっしゃいますよ。
化粧水の量も注意を。冬場は多めに使用しましょう。クリームと違い、化粧水は量を増やしても吸収されるので、コットンにたっぷりめに含ませて軽くパッティングを。手で付けたりすると、意外にも細かい箇所まで化粧水が行き渡らずに、部分的に乾燥してしまう恐れもあるので、コットンでタップリ丁寧に、がおすすめです。
タオルで水分をオフする時に気をつけたいのが、ゴシゴシこすらないこと。特に乾燥していて角質がめくれてしまっている状態で、ゴシゴシこするのは大変危険です!!お肌が炎症を起こし、ますます乾燥してしまうので、優しくポンポンっとお肌に乗せるような感覚でタオルを使用してくださいね。
冬場のお肌の乾燥は早めの対策が大切です。真冬到来の前に乾燥対策をはじめていれば、真冬でもしっとりツヤ肌をキープできますよ。スキンケアの衣替えはちょっと早めに行うことがちょうどよいです。

PAGE TOP