Adoucirオーナーブログ

夏の終わりはデトックスと美白ケアを

夏の終わりの肌トラブル対策:色素ケア編

 夏の終わりに、ふと鏡を見たときに今まで無かったはずの箇所にシミが出来ていることがありませんか?または、以前よりもシミの色が濃くなって目立つことや、お肌のトーンが全体的にくすんで暗くなっていることも・・・。「くすみが目立つ。または肌トーンが暗くなった」 「シミが濃くなった。または数や範囲が増えたような気がする」等の肌トラブルが気になる方は、夏から秋へ向かうこの時期にはデトックスと美白ケアが大切になります。
 前回の記事では夏の終わりの角質ケアと水分ケアについてご紹介しましたが、今回はデトックと美白の必要性についてご紹介致しますね。
特にデトックスは1年の中でも今の時期が一番重要。夏の肌トラブルを溜め込んだままの状態では、お肌のくすみや色素は改善されません。美白ケアは夏のみ行う方も多いですが、今年の夏の色素トラブルは今年のうちにケアすることが重要です。紫外線量の多い春から夏にかけての美白は予防目的に、秋からの美白は改善目的として重要です。美白ケアの効果性を高める為には、これからの時期の美白ケアは効果的です。

デトックスで、老廃物と色素の排出を!

 夏のお肌は紫外線を大量に浴びることで、活性酸素の増加・肌疲れ・肌荒れ・解毒作用の低下などあらゆるトラブルが発生します。まずはデトックス効果のある化粧品を使用して、肌に蓄積した余分な老廃物や色素を体外へ排出することが重要です。デトックスをしてお肌の老廃物を排出しながら必要な成分を肌に取り入れなければ、どんなに高価な化粧品を使用しても、効果性が低下してしまいます。また、皮膚呼吸を活発にするためにもデトックスは必要不可欠。お肌の細胞は酸素を取り入れることで活性化されて元気になるので、お肌が窒息状態にならないようにするためにもデトックスが効果的です。
気になるシミなどの色素トラブルもデトックス効果でお肌に蓄積されたメラニンを体外へ排出する機能を高めることが大切。特にメラニンを含んだ肌細胞のターンオーバーは、メラニンを含んでいない通常の肌細胞に比べてターンオーバーが遅くなります。デトックスで排泄をスムーズにしながら美白化粧品を取り入れることで美白化粧品の効果性も高まります。
また、内臓の解毒作用の低下もお肌に与える影響が大きいので、緑黄色野菜や食物繊維、乳酸菌等を積極的に摂取するように心がけましょう。

美白化粧品は秋から使用すると効果が!

 通常、美白化粧品の売り上げは春から夏にかけて上がります。春から夏に美白化粧品を使用する方が多いからですね。もちろん、その時期に美白化粧品を使用して予防することは大切ですが、紫外線量の減る秋から冬にかけて美白化粧品を取り入れると改善効果が期待できます。
美白ラインの化粧品は美白効果が高い一方で、秋から冬にかけて使用するには保湿力に欠けるものもあります。 そこで、全商品を美白ラインで揃えるのではなく、美容液・化粧水・クリーム等のアイテムの中から1品~2品のみ美白効果のある化粧品にするのも良いですね。
特に有効成分の濃縮度が高いので、美容液のみ美白効果のある美容液を使用し続けることが効果的です。美白美容液は全体的に美容液を使用した後に、色素が気になる箇所のみ追加して重ねて使用するのも良いでしょう。

夏の終わりからホームケアで人気のある商品

ソティスユースセラム
 アドゥシールでこの時期人気の美容液がソティスのユースシリーズの「DXユースセラム」(画像左から2番目)と「UFユースセラム」(画像左から4番目)です。
DXユースセラムはデトックスとフリーラジカル抑制目的の美容液で、生活環境によってダメージを受けた肌のくすみに対しての効果・老廃物を取り除く効果・細胞が酸素を取り込む力を高める効果が期待できることで、お肌のデトックス効果を高め、化粧品の効果性を高めることにも繋がります。
UF=レーザー治療にインスパイアされた美白目的の美容液。皮脂の詰まりによる色素トラブル・タルミによる毛穴の開き・色素沈着等に対する効果が期待できます。
2品を重ねて使用することができるので、デトックスしながら美白することを可能にします。秋になると毛穴の開きが気になる方も多いですが、UFユースセラムには毛穴を引き締める効果もあるので、魅力的なアイテムです。夏から秋へのお肌の衣替え時期にはこの2本使いが大人気です!使用する順序は化粧水後にテクスチャーの軽いDXのセラムを使用した後にUFをご使用ください。

関連記事

  1. 生活習慣と食生活イメージ
PAGE TOP