Adoucirの美容ブログ

早食いする人

良く噛んでダイエット

よく噛んで食べることを習慣づける

リバウンドしないダイエット法で大切なのは継続できることを習慣づけることです。○○抜きダイエットや、○○だけを食べるダイエットはリバウンドしやすいのでオススメしません。私のオススメの一つが、「ゆっくり噛んで食事する」こと。早食いは太る!!分かっていても時間に追われれて困難な方も多いですよね。せめて夜だけでも、時間のある時だけでも、よく噛んでゆっくりお食事をする習慣をつけましょう。今回はよく噛んで食事をするメリットとコツについてのご紹介を致します。

よく噛んで食べるメリット

食事をする人
よく噛んで食べるメリットはダイエット効果だけではありません!!よく噛むことで、唾液の量が増える=唾液に含まれる「パロチン」~若返りのホルモン~の量が増える!=アンチエイジング効果がアップ美肌効果もアップ!!ダイエット効果としては、食事に時間をかけることで、味覚の信号も増え、満腹中枢が刺激されて、満腹感がアップ=自然に食事量を減らすことが可能。また、よく噛むことで40才過ぎると衰えの気になる口周りの筋肉を使うので、小顔効果も♪ただし左右しっかりバランスよく使って噛んでくださいね。唾液がたくさんでることで虫歯予防にもなります。

よく噛んで食べるコツ ~カラトリーと食器を見直す~

フォーク
30回以上良く噛んで食事するコツは
1、お箸やフォーク等のカラトリーは、食ベ物を口に入れたら一旦置いて30回以上噛むまで握らない=勢いよく食べれないのでゆっくり食べる。
2、一度にたくさんの量を口に入れない。スープ・カレーはティースプーンを使って、パスタはデザートフォークを使うことで一度に口にいれる量を減らす=少しずつ食べる
3、小さいお皿をたくさん使う=一皿に盛るより量や種類が多く見えるので満足。三角食べをするようになるので、急いで食べない。

よく噛んで食べるコツ~食材・食べ方・意識を変える~

野菜
1、良く噛むメリットを意識して、得られる効果を想像しながら楽しく食べる。
2、ながら食いはしない。テレビ等は消して食事に集中する。
3、食材を大きめに切ることで噛む回数を増やす。特に汁物の具材は大きめにカット。
4、炭水化物はお米を選ぶ=麺類・パン類は噛む回数が減る。
5、飲み込むまで水を飲まない=食べ物を水分で流しこまない。

ちょっとした工夫ですが、早食いを抑える効果がありますよ。

意識して習慣にすることが大切

食事
良く噛んで食べるコツを知って、日頃気にしていないことを意識して習慣づけることで、リバウンドすることなく、ダイエットをすることが出来ます。出来ることから1つづつで良いので、ゆっくり食べようと心掛けることを忘れないでくださいね。

次回も引き続きダイエットのコツネタになります。

関連記事

  1. ウエストを測る女性
  2. 半身浴 をするカエル
  3. 美しいバスト
  4. 炭水化物
  5. 赤ちゃんひじ
PAGE TOP