Adoucirの美容ブログ

つけまつ毛

マツエクとつけまつ毛のデメリットとは?

マツエク・つけまつ毛体験談

マツエク・つけまつ毛を卒業して自まつ毛を育てるラッシュアディクトに目覚めました。

皆様、こんにちは。アドゥシールでラッシュアディクトのまつ毛育毛担当を中心に活動している重岡です。

目の印象を、左右するまつ毛。でも、元々まつ毛が細くて短いのがコンプレックスだった私。マスカラするのが面倒だし、目元の印象をUPする目的でつけまつ毛を13年、その後マツエクを5年間していました。でも、どちらもまつ毛と目への負担が大きい事から、ずっと悩んでいた時にまつ育に目覚めてラッシュアディクトを愛用したところ、今までの悩みがうそのように無くなりました♪

 ラッシュアディクトについてご紹介する前に、今回はまず私自身が長らくつけまつ毛とマツエクをして失敗した体験とデメリットについてご紹介致しますね。つけまつ毛やマツエクでお悩みのある方の参考になれば幸いです。
まつ毛が細くて短いのに悩んでいた私は、つけまつ毛を付けるようになりました。最初は、マスカラを塗らなくても、目元が華やかぁ〜♪お化粧が簡単〜♪付けるだけで、悩んでいた細く短いまつ毛じゃなくなったぁ〜♪と、悩みを一瞬でカバーしてくれたので、つけまつ毛が手放せられなくなりました。が しかし、使って1週間目には目元に異変が・・・ 接着部分の皮膚が真っ赤になっていて・・・まぶた全体が痛痒い・・つけまつ毛を剥がす際に一緒に自まつ毛は抜け、引っ張る事で皮膚にダメージを与え炎症を起こしていました。それでもつけまつ毛がお化粧の一部となっていたし、つけまつ毛依存の私は炎症しても、まつ毛が欲しいあまりに付け続けました。何年もつけまつ毛を付けていたそんなある日、マツエクという言葉を耳にするようになりました。髪の毛に付けるエクステのように、自まつ毛にまつ毛用のエクステを付けていくんです。それを知った私は「なんて素晴らしし物を作ってくれたんだ」と思いました。「毎日、まつ毛を付け外ししなくていいんだぁ〜♪まぶたの炎症で悩まなくていいじゃん♪すっぴんでもまつ毛があるんだぁ♪」と、13年のつけまつ毛人生に終止符を打って、マツエク人生を歩んで行きました。カールの強さや長さを付けたい部分で変えられるなんて素晴らしく思っていました。がしかし、これまた異変が・・・上下にマツエクを付けていたまつ毛依存の私の下まつ毛が、マツエクと共に抜け去ってしまい、黒目中心から目尻の下まつ毛が無くなっていました。「無理やり引っぱたかな?上のエクステとよく絡んでたからかな?」と色々と考えてショックを受けながらも、「下まつげにはエクステを付けるもんじゃない!」と思い、ツルツルの部分の下まつ毛が生えるまで、アイライナーで下まつげを描いてごまかしていました。それでもマツエクをするのが当たり前になって1ヶ月に1回付け替えに行ってました。がしかし、いつも通りに付けて貰ったある日、「なんかいつもと違う!量が少ない!!」と感じたので店員さんに聞いてみたところ、「付けられる部分には付けたのですが・・・短くなっている部分には付けれなくて・・・。」と申し訳なさそうに伝えてこられました。マツエクを付けていたので気づかなかったのですが、まつ毛の際をよく見てみると、所々まつ毛がない!スカスカになってますよ!私のまつ毛~~!手軽に綺麗なまつ毛が欲しいあまりに、まつ毛に色んなダメージを与えていた日々。元々細く短かった自まつ毛が、長さはガタガタ、細いのがもっと細く、今にも抜け落ちるんじゃないかっていうぐらいにもろくなっている事に気づきました。本当に後悔でしかありませんでした。

 そんな時、ラッシュアディクトの講習を受講したところ、今まで自分がどれだけまつ毛に負担をかけていたのかがよ~く分かったので、つけまつ毛・マツエクのデメリットについて一部ご紹介いたします。

まつ毛の長い女性

つけまつ毛のデメリットとまぶたへの負担

  • つけまつ毛のノリで瞼が痒くて赤くなり炎症を起こす
  • つけまつ毛を剥がす時、自まつ毛にノリがべったりついていて、まつ毛まで抜ける
  • いつの間にかつけまつ毛が取れてしまうため、1日に何回もノリを付けないといけない
  • 無意識につけまつ毛を触るため、まぶたに摩擦を与えて痒みが増す
  • 同じつけまつ毛を1週間程度繰り返し使用するため不衛生
  • いかにもつけました感がでて、不自然な仕上がりになる

 つけまつ毛をつけて、まぶたを持ち上げる負担は、1年間で95キロの人間を1センチ持ち上げる際の負担と同等の力がかかっていると言われています。つけまつ毛を剥がす時にまぶたを引っ張る負担の1年分は役26キロ!ブルドック1匹を1センチ持ち上げる仕事量と同じです。

マツエクのデメリットとまぶたへの負担

  • メイクを落とす際、ポイントメイクのクレンジングが使えず、アイライナーが落としずらく、まつ毛の際にポイントメイクが残ってしまうため、不衛生。
  • マツエク同士が引っかかり自まつ毛ごと抜けたり、アイメイク中にブラシに引っかかって抜けたりすることで、自まつ毛が減少した
  • 抜けたマツエクが目に入ることが度々あり、取りづらくて目が痛く、目に傷がつきやすい。
  • 付けてから半月でマツエクが抜けて、まばらに残ってて見栄えが悪くなる
  • マツエクの接着部分がまつ毛の生え際に当たり、痒みが気になるので、瞼を無意識に掻いて色素沈着が目立つようになった。
  • 月一のメンテナンスが必要なためお金がかかり、時間も取られる。
    月1回 約5000円以上  1回の施術時間 約1時間〜2時間。

 まつ毛エクステをつけた場合のまぶたを持ち上げる負担を1年換算するとなんと!約61キログラムのものを1センチ持ち上げる仕事量に相当します。女子柔道選手を持ち上げるのと同じ!自分のまつ毛に繊維のエクステと接着剤を結合させるので、まつ毛に負担がかかり、ヘアサイクルで抜ける時期より前に、まつ毛が抜けてしまう事が多くなるようです。エクステで接着した繊維のまつ毛と、自分のまつ毛の両方がなくなってしまうからです。

エクステ・つけまつ毛より自まつ毛を育てよう!

 健康で美しい自まつ毛を手に入れましょう。
頭髪の毛周期は3~6年のサイクルですが、まつ毛の毛周期は3週間~4ヶ月のサイクルと非常に短いことから、まつ毛は頭髪のように伸び続けずに一定の長さが保たれます。
美しいまつ毛を保つためにはマツエクやつけまつ毛より、まずは自まつ毛を育てることが大切!次回はラッシュアディクトの体験談と私の自まつ毛の変化についてご紹介いたしますね。

関連記事

  1. 初級メイクレッスンイメージ
  2. ソティス コンプレクションパーフェクター
  3. アイブロウ 眉 整え方
  4. 眉を綺麗に整えている女性
PAGE TOP