Adoucirの美容ブログ

そばかすの女の子

シミとそばかすの違いは?

シミとそばかすの違い

シミとそばかすの違いは?時折「若い頃のそばかすがシミになってしまって・・・」というご相談を受けることがありますが、そばかすは正式名称「雀卵斑」(じゃくらんはん)と言われる遺伝的要素が関係するものです。シミは、紫外線や摩擦、ホルモン、ストレス等の要因で発生する後天的なもの。ということで、シミとそばかすは別物になります。とはいえ、どちらも原因が「メラニン」と共通しているので、一見見分けが付きにくいですね。

そばかすについて

そばかすについて
そばかすは幼少期から発生しているものですが、しみとは逆に年齢と共に薄くなることが多くあります。加齢、紫外線や摩擦、ホルモン、ストレス等が原因で、後天的にシミが出来ることで「そばかすがシミになった」と勘違いされがちですが前述したように別物になります。ただし、そばかすがある、またはあったという方は、比較的シミが出来やすい傾向にあります。
そばかすは、両頬周辺から鼻周辺にかけて発生することが多く、シミよりも斑点の大きさが細かく小さいのが特徴です。しみ同様、メラニンが原因のため、美白ケアを行うことで薄くすることが可能です。また、濃くなる原因もシミ同様紫外線の影響を受けるので、紫外線対策をする必要性もあります。何もせずに放置していると、そばかすも色が濃くなってしまいます。

シミについて

しみ
シミは前回の記事で紹介したように、メラノサイトが活性してメラニンを作りだすことが原因で発生します。そばかすとは逆に加齢と共に増加したり、色が濃くなることが多くあります。

紫外線・摩擦・刺激・ストレスなどが要因でメラノサイトが活性化し、メラニンを作り出し、異常発生したメラニンにターンオーバーが追い付かなくなることが原因で発生するシミがほとんどですが、それ以外にも、酸化したタンパク質の蓄積が原因で発生する老班・・・正式名称「老人性色素班」や女性ホルモンの影響で更年期前に左右対称に広い範囲で現れる「肝斑」、ニキビなどの炎症後の色素沈着など様々な種類があります。

シミとそばかすの対処法

ビタミン豊富なフルーツ
シミもそばかすもメラニンが主な原因なので、美白ケア、紫外線対策をしっかりと行うことで薄くすることが可能です。

1 紫外線をしっかりとブロックすること・・・日焼け止めは毎日必ず!

2 メラノサイトを抑制すること・・・シミの原因メラノサイトの活性化

3 ターンオーバーを促すこと・・・マッサージや不要な角質ケア

4 睡眠をしっかり摂ること・・・お肌と睡眠

5 美白ケアを取り入れること・・・美白商品、ビタミンC配合の還元効果のある商品を使用

6 紫外線ダメージを残さない・・・日焼け後のアフターケア

狙ったシミやそばかすをピンポイントにケア

ラコリーヌ スポッツコレクター

美容液の後に、シミやそばかす等、色素が気になる箇所にピンポイントで使用することで、色素沈着を薄くする効果性の高いラコリーヌのアンティスポット ホワイトコレクターは、アドゥシールでもリピート率が抜群に高い人気アイテム。シミ、老班、ソバカス、ニキビ跡の赤み等あらゆる色素沈着に対応する優れもの♪ 特に出来立てのシミはみるみる薄くなるのを実感します!!長期間滞在しているシミには、少々お時間がかかりますが、3か月以上使用し続けることで確実に薄くなっていくのが分かります。狙った色素沈着にピンポイントで効果があるので、気になるシミやそばかすのケアに最適!!今年できたシミは今年のうちにケアするとシミに悩まない美肌をキープできます♪

関連記事

  1. 洗顔アイキャッチ
  2. ほうれい線を気にする女性
  3. テカリを抑える女性
  4. 化粧水パッティング
  5. しみの出来る原因 イメージ
  6. 悩む女性
PAGE TOP