Adoucirオーナーブログ

夏の終わりの肌トラブル対策基礎編

夏の終わりの肌トラブル対策 基礎的なケア編

 夏が終わりに近づいて、肌トラブルが顕著に現れやすい季節になりました。季節の変わり目には肌トラブルが増加しますが、1年の中でも特に気を付けたいのが、夏から秋へ向かうまさしく今の時期です。夏の強い日差しによる光老化に加えて、酸化・肌の疲れ・ターンオーバーの乱れ・活性酸素の増加・細胞の不活性・解毒(デトックス)作用の低下等でお肌の調子がいまいち・・・という方も多いのでは?下記のような症状が気になる方は注意が必要です。

  「お肌がゴワゴワして、滑らかさに欠ける」
  「肌ツヤが悪く、肌の透明感が減った」
  「くすみが目立つ。または肌トーンが暗くなった」 
  「シミが濃くなった。または数や範囲が増えたような気がする」
  「シワやたるみが目立つようになった」
  「ニキビの治りが遅くなった。またはニキビや皮脂の詰まりが増加した」

 夏から秋にかけてのこの時期はお肌も衣替えが必要です。でも、「何から始めれば良いの?」「何に気を付ければよいの?」「スキンケアの選び方のポイントは?」などのお悩みにお応えするために・・・秋に向けてのホームケアをお肌のお悩み別にご紹介致しますね。
第一回目は、「お肌がゴワゴワして滑らかさに欠ける肌トラブルの原因」について

角質肥厚とターンオーバーの乱れが原因のゴワつき

  「お肌がゴワゴワして、滑らかさに欠ける」のが気になる方は、ターンオーバーの乱れによる角質肥厚が原因かもしれません。紫外線が原因でお肌のターンオーバーは乱れがちに・・・。通常お肌のターンオーバー(新陳代謝)は生理周期と同様に28日と言われています。ただし、それはあくまで正常に機能している場合。太陽光線を過剰に浴びると、お肌のターンオーバー乱れてしまいます。
 お肌を保護する作用が働くことで、紫外線などの外的環境から守ろうとして、本来なら垢となって自然と剥がれ落ちる老化角質が、正常に剥がれることなく長時間肌に停滞し、表皮の角質層(表皮の一番上の部位)を厚くします。余分な老化角質がたまったお肌はゴワゴワになってしまいます。
  お肌のゴワゴワ感の原因が角質肥厚の場合、皮膚が厚くなっているので、ピーリング等を使用して不要な角質を取り除くことが大切です。ピーリングが苦手という方はこの時期だけ洗顔料をピーリング効果が配合されているものに切り替えるのも良いですね。
 ピーリング効果のある化粧品がオススメですが、この時期はお肌が疲労していて、トラブルが出やすいので、お肌に負担をかけないように、ゴシゴシこすらず優しく行うことも大切です。しっかりケアしたい方には、ソティスのディスクワクリームがオススメです。敏感肌を含む全肌質対応のマイルドなディープクレンジングで、普通肌~混合肌の方は週に1~2回、乾燥~敏感肌の方は2週に1回の使用でお肌のゴワツキを軽減します。わざわざ1品足すのは面倒という方はW.+ブライトニングクレンジングクリーム(洗顔料)。毎日使用できるソフトなピーリング効果のある洗顔料で、使用し続けることでいつの間にかゴワゴワ感が軽減していることをご実感頂けると好評です。

水分不足が原因の透明感不足肌

 夏場は室内と室外の気温差が激しく、エアコンによる乾燥と紫外線による水分の蒸発で想像以上に、お肌は水分不足の状態になっています。
 余分な角質を取り除くことにばかり気を取られて、肌の乾燥対策を怠ると、透明感とツヤの不足したお肌になってしまいます。
 夏の終わりのこの時期はお肌の乾燥により皮膚が敏感になっているので、保湿をしっかりと行うことも大切です。
 乾燥はお肌のあらゆるトラブルを増大させる原因になるので、化粧水とクリームの見直しが必要です。夏だからベタベタするのは避けたいと、さっぱりタイプの化粧水や乳液にしたり、クリームはつけないという方もいらっしゃいますが、そういう方は気を付けて!乾燥しやすくなり、紫外線や汚染がお肌に侵入しやすくなるばかりか、お肌の水分がさらに蒸発しやすくなったり、赤みを帯びた敏感肌に偏りがちに。しかも、長期間お肌が不安定な状態に陥りやすくなります。しっかりと保湿を与えて保護するために、保湿力の高い化粧水とクリームに切り替えましょう。
 夏の終わりで乾燥が原因の肌トラブルにはソティスのSPAローションを。敏感・乾燥肌用の化粧水でお肌がしっとり仕上がります。敏感になったお肌でもしみたりせずに、使用し続けることで、お肌が本来もっている健康な状態へ導く効果のある化粧水です。乾燥肌にはハイドレーティングクリームが人気です。水分が不足してゴワゴワしたお肌をしっとりと滑らかに仕上げます。

関連記事

  1. 生活習慣と食生活イメージ
PAGE TOP